2010年03月02日

南條玲子

南條 玲子(なんじょう れいこ 1960年7月12日 - )は、東京都出身の元女優。来歴・人物清泉女子大学英文科卒業。1982年、東宝創立50周年記念作品として制作された映画『幻の湖』(原作・脚本・監督:橋本忍)で主演デビュー。1980年代後半から1990年代前半にかけて、2時間ドラマなどを中心に活躍した。美貌ながらもハードな濡れ場をこなす女優として知られた。映画『別れぬ理由』、2時間ドラマ『ポルノ女優小夜子シリーズ』等で惜しみなくヌードを披露。現在は芸能界を引退している。主な出演ヒロイン役は太字。映画幻の湖(1982年・東宝) - 尾坂道子乱(1985年)BE FREE!(1986年・東映) - 西條先生さらば愛しき人よ(1987年・松竹) - 石橋由美子別れぬ理由(1987年・東映) - 岡部葉子リボルバー(1988年・シネ・ロッポニカ ) - 山川亜代丹波哲郎の大霊界2 死んだらおどろいた!!(1990年・松竹富士) - 岡本美香テレビドラマ火曜サスペンス劇場(NTV) 「六月の花嫁シリーズ エンゲージリング」(1986年6月24日)「死ぬ前にすべき二、三の事柄」(1988年1月26日)「逆転判決 女弁護士水城邦子」(1989年5月2日)「失踪」(1991年12月10日)「京都 女性記者シリーズ 京都北国殺人街道 欲望はとめどなく、真偽を追って古美術の街金沢へ」(1993年2月9日)水曜ドラマスペシャル(TBS) 「私はポルノ女優小夜子の恋」(1986年11月5日)「それゆけ孔雀警視」(1987年4月22日)「ポルノ女優 小夜子の冒険」(1987年9月9日)間違いだらけの女磨き(1987年、CX)ダウンタウン物語 第9話?第15話(1987年-1988年、毎日放送) ※第2代 ヒロイン土曜ワイド劇場(ANB) 「奈良大和路茶の湯の旅 家元相続をめぐる女たちの華麗な闘い」(1987年8月1日)「珊瑚色ラプソディ殺人事件 南国の海オクマビーチに消えた女」(1988年4月23日)「牟田刑事官事件ファイル8 湯けむり伊豆半島、女たちの殺人スポーツツアー」(1988年4月30日)「名探偵金田一耕助 夜歩く女」(1990年9月1日) - 八千代「江戸川乱歩の美女シリーズ 神戸六甲幻の美女」(1989年8月26日)「セールスレディは何を見た」(1993年)「魔性の殺人 幽霊

地方選勝利の勢いで自民が強気の審議拒否(産経新聞)
異端児・河野氏「頑張れ国母」 服装問題、自民内で賛否(産経新聞)
「JAPANデビュー」偏向番組訴訟 台湾統治でNHK側は争う姿勢(産経新聞)
検察「窃盗」弁護側「横領」真っ向対立、鯨肉裁判(読売新聞)
警官発砲、遺族の請求退ける=「市民にも危害の可能性」−奈良地裁(時事通信)
posted by カタギリ ツトム at 03:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。